感動的な結婚式にするために必要な準備について

結婚は前もって様々な準備をしておく必要がある

和の結婚式

神前式の平均相場について

神社など神前で挙式する神前式は、近年注目が集まり人気となっている結婚式のスタイルです。そんな神前式ですが、どの程度費用が掛かるのかいまいち分かり難いものです。そこでここでは平均的な費用についてお伝えします。 まず基本となる挙式費用は、20〜30万円ほどが相場となっています。 ついで神前式ならではの費用として初穂料があります。これは神社や神職に収める謝礼のことで、5〜10万円ほどが一般的です。こちらは挙式費用に含まれている事もあるので、先に確認しておくと良いです。 更に別途衣装代やヘアメイク代、カメラマン代などが必要となってきます。 衣装代としては、新婦の場合レンタル代で10〜20万円で新郎は5〜10万円ほどが相場です。衣装代に含まれることもありますが、別途ヘアメイク代がかかる場合は5万円ほどかかります。 カメラマン代は神前式にかかわらずかかりますが、10万円ほどが一般的です。

諸経費の傾向について

ここでは神前式にかかる諸経費のうち、特徴的なものの傾向について詳しくみていきます。 まず初穂料ですが、当然各神社によって違いがありますがその神社がある地域による差も大きいです。高いところでは20万円ほどかかることもあります。 神前式におけるヘアメイク代の特徴として、かつらを被ることが多いことがあげられます。新婦は衣装として角隠しや綿帽子を頭に被ることが多いのですが、これらは頭髪を日本髪に結っている必要があるのでかつらを着用します。かつらのレンタル代として5万円ほどがかかります。最近では髪型を洋髪にすることも流行っていますので、この場合は教会式と同様の価格がかかります。 結婚式場やホテルなどでは、全体を一つのプランとしているので自由度は低いですが割安になっています。 大きな神社やホテルなどでは、衣装やヘアメイクは提携しているお店があったりします。値段や衣装の好みなどでそれ以外のお店に依頼する場合は、別途に持ち込み費用が掛かることもあります。